矯正治療を終わった後も、リテーナーという装置を付ける必要があります。なかには、矯正治療が終わった解放感から、装置の装着をサボってしまう方がいますが、とてももったいない行為です。
 
噛み合わせや矯正方法によって使用する装置が人それぞれ異なるため、ライフスタイルにあわせた適切な装置を医師に選んでもらい、正しく装着するようにしましょう。
 
そこで今回は、矯正治療が終わったあとに使用するリテーナーについて解説します。保定期間やかかる費用、装着時の注意点などもわかりやすく解説するので、歯列矯正がもうすぐ終わる方、これから歯列矯正をはじめようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。
 

リテーナーとは歯の後戻りを防ぐ装置

リテーナーとは歯の後戻りを防ぐ装置

歯列矯正では、動かした歯が元の位置に戻ろうとする「後戻り」という現象が起こります。リテーナーは、その後戻りを防ぎ、歯を新しい位置へ固定させるための保定装置のことです。
 
歯列矯正が終わると、そのあとは何もしなくてよいと考えている方が多いですが、どんな症例の方でも保定装置を使用する必要があります。短期間で終わった治療や、前歯だけ少し動かしたような症例でも後戻りする可能性があるため、医師の指示を守りながらしっかりと装着するようにしましょう。
 

リテーナー(保定装置)の種類

リテーナーは、主に「マウスピース(クリア)型」「プレート型」「ワイヤー(フィックス)型」の3種類に分けられます。近ごろでは、取り外し可能なマウスピース型が多くなっていますが、症例によって適用する装置が異なります。希望する保定装置がある場合は、適用できるかどうか医師へ相談してみましょう。
 
リテーナーは、以下のような装置があります。
 

  • ベッグリテーナー
  • ホーレーリテーナー
  • QCMリテーナー
  • クリアリテーナー(マウスピースタイプ)
  • リンガルリテーナー

 
マウスピースタイプ・プレートタイプは取り外しができるため衛生的で、虫歯のリスクを減らせるメリットがあります。しかし、装着時間を自分で管理する必要があり、装着を怠ってしまうと保定力がかからないため注意が必要です。
 
一方の固定式リテーナーであるワイヤータイプは、歯の裏側にワイヤーを固定させるので自分で管理する必要はありません。ただし、矯正治療中と同じように、セルフケアを怠ってしまうと虫歯になりやすくなってしまいます。日ごろから丁寧なブラッシングを心がける必要があるでしょう。
 

リテーナー(保定装置)の装着期間

リテーナー(保定装置)の装着期間

取り外しができるタイプのリテーナーは、食事と歯磨き以外の時間は装着するようにします。装着時間は経過を観察しながら徐々に減ってきますが、自己判断で装着せずに医師の指示をしっかり守るようにしましょう。
 
装着期間は一般的に1~3年ほどで、矯正治療にかかった期間と同じくらいの期間が必要です。骨や歯の周りの組織の状態によってそれぞれ異なるため、人によっては3年以上の保定期間を有するケースもあるでしょう。
 

リテーナー(保定装置)にかかる費用

リテーナーにかかる費用は、矯正治療を受ける医院によって異なります。矯正治療の基本料金に保定装置代が含まれているケースもあれば、装置別で追加料金が発生するケースもあるでしょう。
 
ここでは、リテーナーにかかる費用について解説します。
 

保定装置費用

リテーナーを作成するための費用は、5,000~6万円ほどです。リテーナーの種類や医院によって費用が異なるため、治療を開始する前に確認しておきましょう。リテーナーの種類は、医師が症例やライフスタイルにあわせた適切なものを選択します。当初予定していた予算内で作成できるリテーナーに変更が生じる可能性もあるため、注意が必要です。
 

保定観察費用

リテーナーを装着しながら歯の保定をする期間は、数ヶ月に一度のペースで歯科医院を受診し、経過を見てもらう必要があります。医院によって異なりますが、1回5,000円ほどです。なかには、基本料金に含まれている医院もあるため、保定期間中の経過観察費用がかからないケースもあるでしょう。
 
定額制(トータルフィー制度)を採用している医院では、保定装置代や保定観察料が発生しません。矯正治療にかかる費用の総額を把握した上で治療を開始できるため、予算が決まっている方は、定額制を採用している医院で治療を受ける方法もあるでしょう。
 

リテーナー(保定装置)を着用する際の注意点

リテーナー(保定装置)を着用する際の注意点

リテーナーを装着して過ごす保定期間も、矯正治療の一環として医師の指示を守りながら正しく過ごす必要があります。保定期間の過ごし方次第では、せっかくの歯列矯正が無駄になってしまうこともあるため、以下の2点に十分に注意しながら過ごすようにしましょう。
 

  • 装着時間を守る
  • 破損や紛失に注意する

 
ここでは、リテーナーを着用する際の注意点について解説します。難しい内容ではないため、保定期間が終わるまでは頑張りましょう。
 

装着時間を守る

矯正装置と同じように、リテーナーを装着していないと保定力がかからないため、歯が元の位置へ戻ろうと動いてしまいます。とくに、矯正治療が終わってすぐの時期は、骨の状態が不安定で歯が動きやすいため、正しく装着するようにしましょう。
 
装着時間は、食事と歯磨き以外の時間から始まり、最終的には寝る間だけの装着になります。自己判断で短くせずに、医師の指示どおりに装着するようにしましょう。また、歯は日常生活を送りながら少しずつ動いています。整えた歯列を長く保つためには、保定期間が終わった後も、寝ている間にマウスピース型のリテーナーを装着するとよいでしょう。歯ぎしりや食いしばりから歯を守る効果もあるため、歯の寿命を延ばすことにもつながります。
 

破損や紛失に注意する

これまでワイヤー矯正を行っていた方は、取り外しができる装置の扱いや管理に慣れておらず、外出先で取り外した際に紛失してしまう可能性があります。再製には費用が発生するケースが多いため、管理方法には気を付けましょう。鞄のなかに専用のケースやポーチなどを用意しておくと、紛失の可能性が減るでしょう。
 
また、リテーナーは指示された正しい方法で取り付けるようにしましょう。慣れてくると歯で噛み込んで入れるようになる方もいますが、破損の原因となります。リテーナーが使えなくなったり、口腔内を傷つけてしまったりする可能性があるため、避けるようにしましょう。
 

まとめ

歯列矯正後の保定期間とリテーナーについて解説しました。矯正治療直後の骨は不安定な状態であり、治療開始前よりも歯が動きやすくなっています。そのままの状態で食事や会話を続けてしまうと、簡単に歯列が乱れてしまいます。矯正治療のリスクの一つである「後戻り」を防ぐためにも、医師の指示を守りながらしっかりとリテーナーを装着するようにしましょう。
 
海岸歯科室では、歯列治療に関する不安や疑問に耳を傾け、患者さんの立場に立つ対応を心がけています。また、取り扱っている矯正器具は、見えにくく取り外しが可能なマウスピース型矯正装置です。保定期間も矯正治療中と同じような感覚で取り扱えるでしょう。矯正専門医が一人ひとりに最適な治療計画を作成しているため、歯列矯正でお悩みの方、マウスピース矯正を検討している方は、お気軽に海岸歯科室へご相談くださいませ。
 
監修:理事長 森本 哲郎