歯列矯正を検討している際「目立たないマウスピース矯正がよいけど、マウスピース矯正で自分の噛み合わせは治療できる?」と、不安や心配が多い方もいるのではないでしょうか。
 
矯正治療のためとはいえ、あまりにも目立つ装置で矯正治療を受けたくないという方は少なくありません。
 
今回は、マウスピース矯正で治療が可能な噛み合わせについて解説します。マウスピース矯正で治療すると噛み合わせが悪くなる可能性についてもあわせて解説するので、マウスピース矯正を検討している方はぜひ参考にしてください。
 

マウスピースで噛み合わせ矯正ができる

マウスピース矯正とは、形の異なるマウスピースを段階ごとに交換しながら装着し、少しずつ歯を動かしていく治療法です。マウスピース矯正でも、一部の症例を除き、悪い噛み合わせや歯並びの矯正が可能です。少しずつ歯を動かすため、我慢できないような痛みを感じることはほとんどありません。
 
また、透明のマウスピースを使用して歯を動かすため目立ちにくいメリットがあります。自分で取り外すこともできるため、矯正治療中の見た目が気になる方でも受けやすい治療法といえるでしょう。
 

マウスピース矯正で治療できる悪い噛み合わせ

マウスピース矯正で治療できる悪い噛み合わせ

マウスピース矯正では、さまざまな症例の噛み合わせ改善に適用されます。骨格の異常が原因の噛み合わせや、外科手術がともなうような一部の重度な症例では難しい場合もありますが、ほとんどの症例に適用されるでしょう。
 
マウスピース矯正で治療できる噛み合わせは、以下のようなものが挙げられます。
 

  • 叢生(乱ぐい歯)
  • 開咬(オープンバイト)
  • 上顎前突(出っ歯)
  • 下顎前突(受け口)
  • 空隙歯列(すきっ歯)
  • 過蓋咬合(ディープバイト)

 
では、マウスピース矯正で治療できる悪い噛み合わせについて解説します。当てはまるものや、気になることがあれば、歯科医院を受診して早めに相談しておきましょう。
 

叢生(乱ぐい歯)

叢生(乱ぐい歯)

叢生(そうせい)は、「乱ぐい歯」とも呼ばれるガタガタした歯並びや噛み合わせを指します。犬歯などが歯列からはみ出ている「八重歯」も、叢生のひとつです。叢生は、日本人の悪い歯並びにもっとも多いタイプで、見た目の悪さだけでなく、歯ブラシがしづらいため汚れがたまりやすい特徴があります。
 
また、叢生のひとつである八重歯は、日本ではチャームポイントとして愛らしい印象を与えることもありますが、歯並びや噛み合わせが悪いことに変わりはありません。海外では吸血鬼やオオカミなどの暗い印象を与えてしまう歯並びで「悪い歯並び」の代表的な症例として挙げられることもあります。
 

開咬(オープンバイト)

開咬は、歯科では「オープンバイト」と呼ばれ、奥歯でしっかりと噛んでも前歯が噛み合わない状態の噛み合わせを指します。数ある悪い歯並び・噛み合わせのなかでも、悪影響が強いと考えられています。
 
開咬をそのままにしておくと、口呼吸になったり滑舌や発音に影響をおよぼしたりする可能性があります。また、前歯で食べ物を噛み切れないため、奥歯など特定の歯に負担がかかりすぎてしまい、将来的に歯を失うリスクが高くなってしまうでしょう。見た目への影響も大きいため、早めに治療を検討するようにしましょう。
 

上顎前突(出っ歯)

上顎前突は、前歯や上顎全体が前方に突出している状態の噛み合わせです。いわゆる「出っ歯」の状態を指し、歯が突出しているために唇が閉じにくい場合があります。口元がゴボッとしている印象を与えることもあり「口ゴボ」と呼ばれることもあります。
 
また、前歯が噛み合っていない場合、前歯と舌で食べ物を噛み切る癖がついてしまうこともあるでしょう。舌で前歯を押すような行為を続けてしまうと、前歯に圧力がかかり出っ歯が悪化してしまう可能性も考えられます。
 

下顎前突(受け口)

下顎前突は、上顎前突の反対で、噛んだときに下額が上顎よりも前にある状態の噛み合わせです。「受け口」や「反対咬合」と呼ばれることもあります。重度の場合は、下顎全体が前にでてしゃくれているように見えることもあり、見た目を気にする方が多い噛み合わせといるでしょう。
 
また、歯がしっかりと噛み合わないため、食事などで一部の歯に過度な負担がかかってしまいます。8020運動(80歳になっても20本以上の歯を残す運動)が、もっとも達成されにくい噛み合わせといわれているため、受け口と診断された場合は前向きに歯列矯正を検討するようにしましょう。
 

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列は、歯と歯の間に隙間ができる、いわゆる「すきっ歯」の状態の噛み合わせを指します。前歯の間に隙間がある場合は「正中離開」と呼ばれ、幼い印象を与えてしまう噛み合わせのため、コンプレックスに感じている方も多いでしょう。
 
また、食べ物が歯に詰まりやすくなり、食事中にストレスを感じる方も少なくありません。詰まったまま放置してしまうと虫歯になりやすいため、日ごろから丁寧なブラッシングを心がける必要があります。さらに、歯の隙間から空気が漏れてしまい、発音が不明瞭になるケースもあるでしょう。
 

過蓋咬合(ディープバイト)

過蓋咬合とは、噛み合わせが深く、上顎の前歯が下顎の前歯を覆いかぶさって見えづらい状態の噛み合わせを指します。歯科では「ディープバイト」と呼びます。噛み合わせが強く歯に過度な負担をかけてしまうだけでなく、上顎の歯が下顎の歯茎などを傷つけてしまう可能性もあります。
 
また、顎に負担がかかってしまい、顎関節症を引き起こすケースもあるでしょう。強く噛みしめる癖や歯ぎしりをする癖がついていると、歯がすり減って過蓋咬合が悪化する可能性も考えられます。一度すり減った歯を元に戻すことはできないため、気になる方は早めに歯科医院を受診しましょう。
 

マウスピース矯正によって噛み合わせが悪くなる可能性がある

マウスピース矯正によって噛み合わせが悪くなる可能性がある

マウスピース矯正ではさまざまな悪い噛み合わせを改善できますが、矯正治療が終わったあとに噛み合わせが悪くなる可能性があります。マウスピース矯正は、長時間厚みのあるマウスピースを装着して歯を動かすため、とくに奥歯ではマウスピースの厚みに押されて圧下してしまうことが原因として考えられます。
 
時間の経過とともに改善されるケースが多いですが、症例によっては再治療が必要なケースもあるでしょう。噛み合わせが悪いと感じた場合はすぐに医師へ相談し、経過を見てもらいましょう。心配な場合は、治療を開始する前に医師から十分な説明を受け、納得してから取り組むようにすると安心でしょう。
 

まとめ

マウスピース矯正で治療できる噛み合わせについて解説しました。マウスピース矯正は、一部の症例には適用されませんが、極端な噛み合わせでない限りはマウスピース矯正で治療が可能です。噛み合わせは放っておいてもよくなることはないので、気になることがあれば早めに歯科医院を受診して医師に相談するようにしましょう。
 
海岸歯科室で取り扱っている矯正器具は、見えにくく取り外しが可能なマウスピース型矯正装置です。矯正専門医が一人ひとりに最適な治療計画を作成し、歯列治療に関する不安や疑問に耳を傾け、患者さんの立場に立つ対応を心がけています。歯列矯正でお悩みの方、マウスピース矯正を検討している方は、お気軽に海岸歯科室へご相談くださいませ。
 
監修:理事長 森本 哲郎