八重歯を抜かずに治せる「削る治療法」とはどんな方法?|海岸歯科室|千葉県美浜区の歯医者

〒261-0004 千葉県千葉市美浜区高洲3-23-1 ペリエメディカルビル美浜 3F
フリーダイヤル0120-787-318
電話番号043-278-7318
ヘッダー画像

医療コラム

八重歯を抜かずに治せる「削る治療法」とはどんな方法?|海岸歯科室|千葉県美浜区の歯医者

八重歯を抜かずに治せる「削る治療法」とはどんな方法?

八重歯というのは本人にとって大変気になる問題です。

単に気になるというだけではなく、口腔内の健康面でのトラブルの原因になる可能性もあるため、できればしっかり治療しておきたいものです。

しかし八重歯の治療と聞くと、抜歯や矯正など手間がかかるものと思われがちで、つい腰が引けてしまうことがあるかも知れません。

ところが実は八重歯の治療として、八重歯を削って治療するという方法があります。

削るだけなら抜歯や矯正寄りも手軽にできそうですが、果たしてどんなメリットデメリットがあるのでしょうか。

なぜ八重歯になってしまうのか?

八重歯を削る治療について知る前に、まずはなぜ八重歯が生えてしまうのか、その原因について見ていきます。

遺伝的要因

実は八重歯は遺伝的な傾向が強いとされています。

ですから、親や近い親族に八重歯の人がいる場合、子供も八重歯になりやすい傾向にあります。

乳歯から永久歯への移行期の問題

乳歯から永久歯に生え変わる過程で、歯が生えるパターンが乱れたり、スペースが不足したりすると歯が正常な位置に生えず、その結果八重歯が生じてしまうというのも要因の一つです。

顎のサイズと歯のサイズの不一致

顎の骨が小さい、あるいは歯が大きすぎる場合、すべての歯がきちんと並ぶのに十分なスペースがなくなり、結果として歯が重なったり、八重歯として出てしまうことがあります。

習慣的な行動や癖

幼少期の指しゃぶりや長期間のおしゃぶり使用、あるいは異常な舌の位置などの慢性的な癖が顎の成長に影響を与え、八重歯の原因になることがあります。

早期の乳歯の喪失

歯などで乳歯があまりに早く抜けてしまうと、そのスペースを永久歯が早く占めようとし、他の永久歯のスペースにまで進出して、その結果八重歯が生じることがあります。

永久歯の萌出の遅れ

永久歯が予定よりも遅れて生えると他の歯とのバランスが取れなくなり、位置ずれや八重歯の原因になりことがあります。

口腔内の外傷

転倒などによる口腔内の外傷が原因で、乳歯が早く抜けてしまったり、あるいは永久歯が生える際に影響を与え、八重歯になってしまう可能性があります。

八重歯になるとどんな問題が起こるのか?

以上のような原因により八重歯が生えてしまうのですが、ではこの八重歯というのはどのようなトラブルのもととなるのでしょうか。

単に見た目だけの問題ではなく、八重歯はその他の歯や口内のトラブルにつながりますので、どんな問題になり得るのかをしっかりとチェックしておきましょう。

見た目的な問題

八重歯の問題として本人が一番気になるのが、この問題かも知れません。

特に気になるのが八重歯が前歯に発生した場合で、このタイプの八重歯は笑ったときなどに目立つようになります。

人によってはそれがチャーミングといわれることもありますが、多くの場合は自意識や見た目的な自信の低下につながってしまうのではないでしょうか。

人の見た目は社会生活や職業生活に影響を与えることが多く、外見に対する不満を解消するのが八重歯の主要な治療理由のひとつと言えます。

噛み合わせの問題

八重歯は、正しい噛み合わせを妨げることがあります。

これは噛む機能に悪影響を与え、食事の際の不快感や消化不良を引き起こす原因にもなってしまいます。

発音の問題

前歯に八重歯がある場合、正確な発音が困難になることがあります。

言葉を話す際にうまく発音できないと、人と話すことに対して自信をなくしてしまったりコミュニケーションの障壁になることがあります。

口腔衛生の問題

八重歯は、歯ブラシやデンタルフロスが届きにくい場所を作り出すことがあります。

そうなるとプラークの蓄積や歯石の形成を促進し、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまいます。

歯の摩耗

八重歯によって歯のかみ合わせが悪くなると、一部の歯に過度の圧力をかけてしまいます。

かみ合わせのバランスが悪いと、歯の過度な摩耗や歯の破損を引き起こす可能性があります。

顎関節症

八重歯は口腔内だけでなく、顎のトラブルにも影響します。

八重歯によって歯の位置が不適切なために生じる噛み合わせの問題は、顎関節に過剰なストレスをかけることがあり、その結果顎関節症の原因になることもあるのです。

これにより、顎の痛みやこわばり、頭痛、耳鳴りなどが引き起こされてしまいます。

八重歯を削る治療とは?

さてこのように何かとトラブルの原因になるのですが、この八重歯を治療するための方法の1つとして、八重歯を削るというものがあります。

八重歯を削る治療は、歯科矯正の中でも比較的シンプルな方法の一つで、前歯の突出や重なりが軽度の場合にこの削る治療が可能となります。

八重歯を削るという治療方法は、歯の表面の一部を慎重に削り取ることで、歯並びを整えます。
治療は通常、局所麻酔を用いて行われ、患者の不快感を最小限に抑えます。

まずは検査からスタート

治療の最初のステップは、八重歯となっている部位の精密な検査と計画を行うことです。

まず患者の口腔内の写真やX線を使って、削る量や削る位置を決定します。

ここでは、削りすぎて歯の健康を害することがないよう、非常に慎重な検査が必要です。

エナメル質を少しずつ削る

削るべき量が決定したら、歯科医師は特殊な器具を使用して、エナメル質を少しずつ削ります。

この過程で歯の形状や噛み合わせを維持するために、歯の各部分を均等に削ることがポイントとなります。

削る治療の際は基本的に麻酔を使いますので、痛みはほとんどありません。さらに削る治療は歯が適切に整形されるように周囲の歯とフィットするまで行います。

削った後には歯を磨いて滑らかにし、削った部分に研磨剤を使って仕上げをします。研磨することで削られた歯が自然な光沢を取り戻し、他の歯と見た目を合わせます。

場合によっては複数回の治療が必要になることも

八重歯を削る治療は、通常一回の診療で完了することが多いですが、場合によっては数回に分けて行うこともあります。

特に重要となるのは、治療後のケアです。

削られた歯は元のエナメル質が薄くなっているため、虫歯や感染のリスクが高まる可能性があるので、適切な口腔衛生を保つことが重要です。

治療後は、歯科医師の指導に従い、定期的なクリーニングや検査を行うことがほとんどです。

八重歯を削る治療のメリットは?

八重歯を削る治療のメリットは、「即効性」と「見た目の良さ」の2つが代表的なものとなります。

即効性があり効果的

八重歯治療は削らずに矯正治療をする場合数ヶ月から数年かかるのに対し、八重歯を削る治療なら一回の歯科診療で終えられる事すらあります。

これは忙しい生活を送る人々にとって、とても大きなメリットということができるはずです。

さらに、八重歯を削ることで、歯並びが一瞬にして改善されるのも特徴です。このことにより、見た目の印象を即座に美しく変えられます。

素早く見た目をアップする

歯列が整うことで笑顔がより魅力的になるだけでなく、発音の明瞭さにも影響を与えることがあり、コミュニケーションの質の向上にも大きくプラスになるはずです。

治療がシンプルである

治療のシンプルさもメリットの一つです。

矯正器具を使った強制や治療には、たくさんの手間や治療時間が必要ですが、八重歯を削る治療はこれに比べてシンプルで、患者が負担を感じることなく治療を受けられることがほとんどとなります。

特別な矯正器具やケアを必要としない

治療後の管理も矯正器具を用いる治療に比べて手軽で、特別なケアを要することが少ないというのも利点となるでしょう。

八重歯を削る治療のデメリットは?

八重歯を削る治療法のデメリットは、メリットとなる即効性と見た目の良さとは裏腹に、長期的な口腔に健康に関する懸念や潜在的なリスクを含んでいることにあります。

では、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

治療は不可逆的で元に戻せない

まず、歯を削る行為は不可逆的です。

不可逆的というのはつまり一度行ってしまうと元に戻せないということです。

八重歯を削ってしまえば削ったエナメル質は再生しないので、削った後にはもう元に戻すことができません。

エナメル質は歯を外部の刺激から保護する層であるため、この層を削ることは歯を虫歯や感染症から守る能力を永久に低下させることになります。

歯の構造を弱める可能性がある

さらに八重歯を削ってしまうと、八重歯自体の構造を弱める可能性があります。

強度が落ちてしまった八重歯は、将来的にひび割れや破折のリスクが高まり、結果として歯の寿命が縮まるかもしれません。

削ることで歯の感度が高まってしまう可能性もあります。そうなると冷たい食べ物や飲み物、甘いものなどからの刺激に対して敏感になることがあります。

神経損傷のリスクがある

削った部分が神経に近い場合神経損傷のリスクもあります。

そのことにより、根管治療や、場合によっては歯の抜歯が必要になるかもしれません。

このような治療は高額になる可能性もあり、治療後の回復期間も必要となるため、元々の八重歯を削る治療による時間的なメリットを相殺してしまう可能性もあります。

歯の色が変わる可能性がある

治療後の歯の美しさは一時的なものかもしれません。歯の色が変わることがあるほか、削られた歯はもともとの色よりも黄ばみやすくなることがあります。

また、エナメル質が薄くなると、歯の光沢が失われ、時間とともに色が濃くなったり、汚れが付着しやすくなったりします。

将来の矯正を制限する可能性も

八重歯を削る治療は、将来の矯正治療の選択肢を制限してしまうこともあります。

削った歯は、噛み合わせに影響を与え、不適切な力が他の歯にかかることで、全体の歯列バランスを悪化させてしまうかもしれません。

これにより、他の歯が移動したり、歯周病のリスクが高まったりもします。

そしてこのような治療は通常、美容整形手術と見なされるため、一般的な歯科保険ではカバーされないことが多く、全額自己負担となる可能性があります。

ですから治療コストと将来的な潜在的な追加治療を考慮に入れると、経済的負担がやや大きくなる可能性もあります。

まとめ

八重歯がはえてしまう原因には先天的なものから後天的なものまで、さまざまなものがあります。

さらに見た目が気になるだけでなく、口の中や他の歯、そしてアゴの健康にまで悪影響を与える可能性もあるのです。

八重歯を削るという治療法は、比較的手頃で即時性のある方法ですから、時間に余裕がない人でもすぐに八重歯の問題を解決できます。

ただし削ることによるデメリットもありますので、八重歯の状況などをしっかり担当医と相談して治療法を決めると良いでしょう。

 

PageTop