前歯矯正とは?症例や治療するメリット・デメリット、費用感を解説|海岸歯科室|千葉県美浜区の歯医者

〒261-0004 千葉県千葉市美浜区高洲3-23-1 ペリエメディカルビル美浜 3F
フリーダイヤル0120-787-318
電話番号043-278-7318
ヘッダー画像

医療コラム

前歯矯正とは?症例や治療するメリット・デメリット、費用感を解説|海岸歯科室|千葉県美浜区の歯医者

前歯矯正とは?症例や治療するメリット・デメリット、費用感を解説

前歯矯正とは、部分的に歯を矯正する部分矯正の一部です。部分矯正は、歯の一部。おもに上下の前歯八本をそろえる矯正方法のことを指しています。

今回は、前歯矯正や部分矯正をおこなうさいのメリット・デメリット、費用感について解説いたします。

 

前歯矯正とは

前歯矯正は部分矯正の一部

 

さきほども述べましたが、前歯矯正は部分矯正の一部です。部分矯正を希望されるほとんどの方が、前歯の矯正を希望しています。

『前歯の凸凹を治したい』『突き出た前歯を引っ込めたい』『捻じれている前歯をなんとかしたい』など、歯の見た目を気にする方が多いい傾向にあります。

前歯を矯正することでキレイに並べることは可能です。

ですが、歯並びをキレイにするために、抜歯をおこなうなど部分矯正では対応ができない場合も症例によってはでてきます。場合によっては、何本もの歯の移動が必要になってくるのです。また、下顎との噛み合わせが悪ければ、噛み合わせが悪くなったり、顎に問題が生じる場合もあります。

そのため、場合によっては上下の歯の矯正も必要になってきます。

 

部分矯正と全体矯正の違いとは

 

矯正には、歯の一部を移動させる部分矯正と、歯の全体を動かし治療する全体矯正があります。歯列矯正は、『不正咬合』という噛み合わせを治すための治療です。そのために、歯を全体的に動かし理想的な噛み合わせに近づけていくのです。

前歯の凸凹や、突きだした歯を治すために上下の奥歯を動かすことでスペースをつくり、奥歯で上下がかみ合うように調整します。

これに対して、部分矯正は一部の歯だけを動かして、特定の歯を矯正することを指します。歯を移動する距離と本数が少ない部分矯正は費用も抑えられ、治療期間も短くすみます。

 

前歯矯正に向いている症例とは

 

前歯矯正に向いている症例とそうでない症例はなにが違うのでしょうか?

その違いを、解説していきたいと思います。

 

前歯矯正に向いている症例

 

前歯矯正に向いている症例に軽度の乱杭歯・叢生があります。

乱杭歯・叢生は軽くガタついている歯並びのこと。これらは前歯を矯正する部分矯正のみで治る可能性が高いです。これには、以下のようなケースが当てはまります。

 

  • 前歯が数本だけ前に出ている
  • 前歯が数本だけ後ろに倒れている
  • 前歯が数本捻じれてはえている
  • 前歯が少し重なっている
  • 軽く凸凹のある歯並び

 

また、軽度の乱杭歯・叢生の他にも以下の症例は部分矯正で治る可能性が高いです。

 

  • 軽度の出っ歯
  • 過去に矯正した歯の後戻り
  • 歯と歯の間に隙間ができる空隙歯列(すきっ歯)
  • 一部だけ捻じれてはえている歯の状態
  • 前歯が噛まない噛み合わせの開咬(オープンバイト)

 

前歯矯正や部分矯正に向いていない症例

 

また、前歯矯正や部分矯正に向いていない症例もあります。抜歯が必要な場合や重度の不正咬合がある場合は、部分矯正で対応することが難しくなります。全体矯正など他の方法をもちいることがほとんどです。

 

抜歯が必要

 

歯並びの凸凹が少なくても、歯を移動するスペースがない。前歯が噛まない噛み合わせである開咬を伴っている。下顎の前歯の凸凹は少ないが、顎が極端に小さい場合など、抜歯が必要な場合は部分矯正では治りません。

 

重度不正咬合

 

また、噛み合わせが極端に悪い重度不正咬合も、部分矯正では治せません。この重度不正咬合は、全体の噛み合わせを治さないと根本的な治療にならないケースもあります。奥歯の噛み合わせに問題がある場合や、上の前歯を動かしたいけれど下の前歯が噛んで邪魔をする場合がこのケースに当てはまり部分矯正では治せません。

また、骨格に問題のある重度不正咬合も部分矯正での治療は不可能です。

 

部分矯正のメリット

 

部分矯正の場合、全体矯正と違い費用がかからない。治療期間が短くて済むなどのメリットがあります。ここでは、そのメリットについて詳しく解説していきます。

 

費用がかからない

 

部分矯正は、歯の一部分だけを治療するので、基本的に費用が全体矯正よりもかかりません。症状によって、治療費は大きく変わってきますが、費用目安は30万から60万ほどです。また、ワイヤー矯正の一部である裏側矯正の場合は、40万から70万かかります。

 

治療期間が短くてすむ

 

全体矯正と違って一部の歯の矯正のみするので、治療期間が短くてすむのも部分矯正のメリットといえます。治療の目安は症状によってことなりますが、数ヵ月から長くて2年ほどかかるそうです。

 

部分矯正のデメリット

 

治療費も抑えられ、治療期間も短くてすむ部分矯正ですが、いくつかのデメリットもあります。そのデメリットについてここでは解説していきます。

 

噛み合わせの改善はできない

 

歯の一部だけを動かす部分矯正では、全体的な歯の噛み合わせは改善できません。また、奥歯の治療にも対応はしておらず、全体矯正よりも対応症例が少ないのも難点ともいえます。

 

Eラインや口元のシルエットを大幅に変えられない

 

部分的に歯並びを良くする部分矯正では、全体的な歯並びを変えることは難しいです。そのため、歯並びの影響を受ける横顔の鼻の先と下顎の先を結んだ線、Eラインを大きく変えることはできません。

このEラインは、横顔美人の基準のひとつとされ、Eラインが一直線、もしくは唇がすこし内側に入るバランスであることが美しい横顔の条件とされています。

また、Eラインと同に口元のシルエットの印象を大きく変えることもできません。

 

歯を削る場合もある

 

部分矯正の場合、歯を移動させるスペースをつくるために歯を削る場合もあります。全体矯正と違い抜歯はしないので、スペースを確保するために、歯を削る必要があるのです。

これはディスキングと呼ばれ、削る量は1本あたり0.2㎜〜0.25㎜程度となってます。

抜歯よりもリスクは低く健康上も問題はないといわれていますが、歯を削る必要性や何本歯を削るのかについては、症状によって違ってきます

 

部分矯正の治療方法と費用

部分矯正には、いくつかの治療法があります。ここでは、その治療法の種類と費用について解説していきます。

 

まずは、矯正相談を受けてみよう

 

まず、部分矯正を受けたい場合は、歯科医に相談し、歯の診断を受けましょう。その診断結果から、部分矯正が可能かどうか。どのような治療を選択していくのか、歯科医とともに話し合って相談することになると思います。

 

矯正シュミュレーション

 

また、矯正をおこなう前に矯正のシュミュレーションを機械をつかっておこなうことも可能です。

マウスピース型の矯正装置を使って歯並びを改善する場合、iTeroという機械を使って、矯正のシュミュレーションをおこなうことがあります。

iTeroは、インビザラン社が提供している光学式口腔内スキャナーです。カメラで口内を撮影するだけで、矯正装置を使った歯がどうなるのかシュミュレーションが可能です。

 

マウスピース矯正

 

部分矯正には、大きく分けてマウスピース矯正とワイヤー矯正があります。マウスピース矯正は、透明で目立たないマウスピースを期間ごとに交換していくことで、歯並びをキレイにしていきます。

1日約20時間の装着が必要ですが、歯磨きや食事などのさいは取り外すことができます。

また、歯の痛みも少なく、目立たないのもメリットといえるでしょう。

また、従来の矯正方法よりも部分矯正の場合は、10万から40万と低コストで治療できるのも魅力です。

ただ、ワイヤー矯正よりも適応症例が少ない。装着時間を管理する必要がある。装着中の飲食が制限されるといったデメリットもあります。

 

ワイヤー矯正

 

ワイヤー矯正は、ワイヤーとブラケットという装置を装着し、ワイヤーの押し戻す力を利用して歯の矯正をおこなう方法です。ワイヤー矯正には、前歯の側面に装置をつける表面矯正と、ワイヤーを裏側につける裏側矯正があります。

 

表側矯正

 

表面矯正は、歯の前歯の側面に装置をつけて歯を動かしていく治療法です。

適応症例も多く、歯が移動するスピードも早い。取り扱いクリニックが多いいなどの利点があります。

その反面、自分で脱着できない。痛みや不快感を感じやすい。見た目も目立ち、食事や口内ケアがしずらい。定期的な調整が必要といったデメリットもあります。

さらに、マウスピースと違い自分で脱着できないのも大きな難点でしょう。

部分矯正の場合、費用は30万から60万かかります。全体矯正の場合は、60万から130万ほど。治療目安は数ヵ月から2年ほどとなっています。

 

裏側矯正

 

裏側矯正は、歯の裏側にブラケットとイヤーを装着する方法です。

表面矯正と違い、目立ちにくい。歯を動かすスピードが早いなどといったメリットがあります。また、適応症例が表面矯正と同じように多いい傾向にあります。

一方、歯の痛みや不快感、喋りずらさを感じることもあり、費用も高額になりがちです。また、口内ケアや食事がしずらい。自力での脱着が不可能。定期的な調節が必要というデメリットもあります。

費用は部分矯正の場合は、40万から70万。全体矯正の場合は、100万から170万です。

治療期間の目安は数ヵ月から3年ほどになっています。

 

まとめ

ここまで、前歯矯正のメリットやデメリット、治療の種類や費用感について述べてきました。

前歯矯正は、歯を部分的に矯正する部分矯正の一部で、歯の見た目を気にする方が矯正を希望するケースが多いいです。

また、部分矯正は全体的に歯を動かして治療を進める全体矯正と違い、一部の歯だけを動かして、特定の歯を矯正することを指します。

部分矯正は、全体矯正と違い治療費も抑えられ、治療期間も短くすみます。

ですが、抜歯が必要な矯正や、噛み合わせが極端に悪い重度の不正咬合、骨格が原因の不正咬合の場合は、全体矯正による治療が必要になります。

また、噛み合わせの改善。Eラインや口元のシルエットの印象を部分矯正で変えることは難しく、治療によっては、歯を削る場合もあります。

そして、治療にはマウスピースやワイヤー矯正が適用されます。

海岸歯科室でも、部分矯正の治療をおこなっております。前歯の歯並びが気になる方は是非とも当院にお立ち寄りください、

 

監修:理事長 森本 哲郎

PageTop