前歯矯正の値段を知りたい!矯正費用の相場や方法をご紹介|海岸歯科室|千葉県美浜区の歯医者

〒261-0004 千葉県千葉市美浜区高洲3-23-1 ペリエメディカルビル美浜 3F
フリーダイヤル0120-787-318
電話番号043-278-7318
ヘッダー画像

医療コラム

前歯矯正の値段を知りたい!矯正費用の相場や方法をご紹介|海岸歯科室|千葉県美浜区の歯医者

前歯矯正の値段を知りたい!矯正費用の相場や方法をご紹介

美しい歯並びは、外見的な自信と魅力の源になります。

しかし、歯並びの問題は多くの人にとって悩みの一つでもあり、前歯の位置が気になる人は少なくありません。

現代の歯科矯正技術は驚くほど進歩しており、前歯のみを対象とする部分矯正も一般的なものです。

しかし、矯正治療を検討する際、多くの人がまず気になるのは「費用」ではないでしょうか。

そこで今回は、前歯の部分矯正にかかる費用について解説していきます。

全体矯正と部分矯正の違い、治療法ごとの費用相場、さらに追加費用や治療選択時のポイントに至るまで、矯正治療に関する費用の全てを明確にして、前歯の矯正を考えている方々にとって有益な情報としてお読みいただけるはずです。

全体矯正と部分矯正は何が違うのか?

歯列矯正には「全体矯正」と「部分矯正」という二つの方法があります。

当然ですが前歯治療は部分矯正となりますが、全体矯正と部分矯正はそれぞれ症状、治療範囲、治療目的、仕上がりの面で異なる特徴を持っています。

まずはこのふたつの矯正方法の概要から説明していきましょう。

全体矯正の特徴

全体矯正は、口腔内の全ての歯を対象とします。

これには、複雑な噛み合わせや、広範囲の歯並びの問題が含まれます。

例えば、過咬合、開咬、下顎前突、叢生(そうせい、歯が重なり合っている状態)など、より複雑な症状にはこの全体矯正をするのが基本となります。

全体矯正は歯並びだけでなく、最終的には噛み合わせや顎の位置を含めた、口腔全体のバランスを改善することを目指します。

これにより見た目の改善だけでなく、噛む機能の向上、長期的な口腔健康の維持が期待できます。

部分矯正の特徴

部分矯正は、特定の歯や歯列の一部分のみに対する治療となります。

つまり、個々の歯の位置を調整する必要があるが、全体的な咬み合わせに大きな問題がない場合に適しているということです。

例えば、前歯のみが不正に並んでいるケースや、一部に限局した軽度の叢生に適用されます。

特定の範囲の美的な改善や、機能的な改善に重点を置き、全体の噛み合わせや顎の位置には大きな影響を与えず、特定の範囲の歯並びを改善するのが目的です。

どちらを選択するかの決め方

歯列矯正の方法を選択する際には、患者の具体的な症状、治療目的、期待する仕上がり、治療期間、コストなどの要素を総合的に考慮する必要があります。

全体矯正はより広範囲の問題に対応するため、治療期間が長く、コストも高くなりますが、口腔全体の機能と美的バランスを改善することができます。

一方で部分矯正は、限定された範囲の問題に対応するため、治療期間が短く、コストも低く抑えられる可能性がありますが、全体的な噛み合わせの問題には対応できません。

前歯矯正の種類について

さて、部分矯正の中でも時にケースの多い前歯矯正ですが、ひと口で前歯矯正と言ってもその矯正方法にはいくつかの種類があります。

つづいて前歯矯正の種類と概要について説明していきましょう。

表側ワイヤー矯正

表側ワイヤー矯正はある意味伝統的な矯正法と言えます。

この方法では、細い金属のワイヤーが通された金属製のブラケットを、前歯の表面に直接貼り付け、矯正治療中に定期的に調整していきます。

ワイヤーの調整によって歯に適切な圧力がかけられ、歯を徐々に目的の位置に移動させることで、矯正していくわけです。

表側ワイヤー矯正は比較的低コストで、広範囲の歯並びの問題に効果的ですが、金属製のブラケットとワイヤーが目立つため、見た目が気になる患者には不向きとなります。

裏側ワイヤー矯正(リンガル矯正)

リンガル矯正は、ブラケットとワイヤーを歯の裏側(舌側)に取り付ける方法です。

この矯正法の大きな利点は装置が外から見えないため、矯正中でも見た目に大きな影響を与えないことです。

しかしブラケットが舌に接触するため、初期には発音の問題や不快感が生じることもあり、技術的に複雑なものとなるため、一般の表側矯正よりも高コストになることが一般的となります。

マウスピース矯正(透明な矯正装置)

マウスピース矯正はインビザラインが代表的な例です。

これは、透明なポリウレタンという合成樹脂製のマウスピースを用いる矯正法です。

一定の期間ごとに新しいマウスピースに交換することで、段階的に歯を動かし矯正します。

この方法は、見た目が目立たず、取り外しが可能で日常生活にほとんど影響を与えないため、成人患者に特に人気があります。

しかし、全ての症例に適しているわけではなく、複雑な歯並びの問題には対応できない場合もあります。

セラミック矯正

セラミック矯正では、伝統的なブラケットとワイヤー矯正と同様の原理を用いながらも、ブラケットにセラミック素材を使用する矯正方法です。

セラミックブラケットは歯の色に近い色合いで作られているので、金属製のブラケットより目立ちにくいのがメリットです。

この矯正法は、見た目に配慮したい患者に適していますが、金属製のブラケットよりももろく、治療費が若干高くなる傾向にあります。

それぞれの矯正方法後との値段の相場

Dentistry for healthy teeth and beautiful smile created with Generative AI technology

このように前歯矯正の方法にはいくつかの種類があり、概要として説明したとおりその料金は方法によって変わってきます。

ただし値段は定価として決まっているような類いのものでなく、患者さんの状況などによって異なってきますので、ここではおおよその一派的な相場として紹介していきます。

表側ワイヤー矯正

表側ワイヤー矯正の相場は、一般的に30万円から60万円程度となります。

従来型の金属ブラケットとワイヤーの材料コストと、矯正治療に必要な定期的な調整やメンテナンスの手間にかかる費用が相場となり、治療期間や症例の複雑さによって費用は変動する可能性があります。

この金属製ブラケットとワイヤーは比較的低コストで製造できるため、矯正装置の中では最も伝統的で一般的な方法です。

材料のコストが低く、技術的な要求も比較的シンプルであるため、他の方法に比べて費用が低めに設定されているのがこの表側ワイヤー矯正となります。

裏側ワイヤー矯正(リンガル矯正)

裏側ワイヤー矯正の費用相場一般的に40万円から70万円程度となります。

裏側矯正は技術的により複雑で、専門的な訓練を受けた歯科医師による精密な作業が必要で、さらにブラケットの裏側取り付けと調整は手間がかかるうえ、ブラケットも複雑になるので製造コストも高くなります。これらの要因によって、表側矯正よりも費用が高額になる傾向があります。

マウスピース矯正(透明な矯正装置)

マウスピース矯正費用相場は、一般的に10万円から40万円程度となります。

マウスピース矯正の費用は、カスタマイズされた透明なプラスチック製アライナーの製造コストが基本となります。

ただし治療計画の複雑さやアライナーの交換頻度によっても費用が変わってきます。

マウスピース矯正は目立たない見た目が特徴ですが、全ての症例に対応できるわけではなく、適用範囲が限られているため注意が必要です。

セラミック矯正

セラミック矯正の相場は一般的に30万円から70万円程度となります。

セラミックブラケットは金属ブラケットよりも目立ちにくいため、見た目を重視する患者さんに適していますが、セラミック素材のコストが高く、また破損しやすいため取り扱いに注意が必要です。

セラミック素材は製造が複雑で金属製よりももろいため、特別な取り扱いと精密な製造方法が必要となります。そのため相場が高くなりがちです。

それぞれの方法のメリットとデメリットは?

それぞれの方法の相場を理解したら、次のそれぞれのメリットとデメリットについて知っておきましょう。

表側ワイヤー矯正のメリットとデメリット

表側ワイヤー矯正は、広範囲の歯並びの問題に効果的に対応できる点が大きなメリットです。

金属製のブラケットとワイヤーは強固で、治療結果の確実性を高めます。

さらに、この方法は矯正治療の中でも比較的低コストであり、多くの歯科医師がこの技術に慣れているため、多様な症例に適用できる信頼性の高さも特徴です。

ただし、装置の目立ちやすさがデメリットとなり、金属製のブラケットとワイヤーは見た目に影響を与え、特に大人の患者にとっては外見的な不満が生じる可能性があります。

ブラケットが口内に不快感を引き起こすことや、歯の清掃が難しくなることが口腔衛生の面での懸念点です。

裏側ワイヤー矯正(リンガル矯正)のメリットとデメリット

裏側ワイヤー矯正の最大のメリットは、装置が目立たないことです。

ブラケットとワイヤーが歯の裏側に取り付けられるため、外からはほとんど見えません。

これにより、矯正治療を行っていることを周囲に気付かれたくない患者さんにとって適していて、表側ワイヤー矯正と同様の効果を期待できるので、複雑な症例にも対応可能です。

しかし、装置が舌に接触することで発音に影響を及ぼしたり、初期に不快感を感じることがあります。

さらに、治療費用が高くなる傾向があり、装置のメンテナンスや調整が難しく、治療期間が長引く可能性もあります。

マウスピース矯正のメリットとデメリット

マウスピース矯正で使用する透明なプラスチック製のアライナーは、日常生活において矯正治療を行っていることを隠せ、食事や歯磨きの際に取り外すことができるため、口腔衛生を保ちやすく、日常生活における制限が少なくなります。

ただし治療範囲が限られて、例えば複雑な歯並びや咬み合わせの問題には適用できない場合があります。

さらに患者のコンプライアンスが重要で、アライナーは定められた時間、正しく着用する必要があり、これが守られない場合治療効果が十分でなくなってしまうかも知れません。

セラミック矯正のメリットとデメリット

セラミック矯正は、透明または歯の色に近いセラミックブラケットを使用するため、装置が目立ちにくい点です。このため、見た目を気にする患者に適しています。

金属製よりも自然な見た目であり、特に前歯の矯正においては、美的な観点から好まれることが多いです。

一方で、金属製に比べて脆いため、取り扱いに注意が必要です。

製造コストが高く、治療費用が高額になることがあり、金属製に比べて大きくなり、口内での違和感が大きくなることもあります。

まとめ

前歯の矯正は、見た目の美しさだけでなく、健康的な口腔機能を維持するためにも重要です。

矯正治療は、個々の症状やニーズに合わせて最適な方法を選択することが重要です。治療計画を立てる際には、歯科医師としっかり事前に相談して取り組んでください。

前歯矯正は費用面だけでなく、治療の効果や期間、生活への影響など、総合的な視点から治療方法を選択することが大切です。

前歯の矯正は、あなたの笑顔をより魅力的にし、日々の自信につながるはずですから是非前向きに検討してみると良いでしょう。

 

PageTop