顎矯正には手術が必要?費用や大人と子どもの治療の違いを解説|海岸歯科室|千葉県美浜区の歯医者

〒261-0004 千葉県千葉市美浜区高洲3-23-1 ペリエメディカルビル美浜 3F
フリーダイヤル0120-787-318
電話番号043-278-7318
ヘッダー画像

医療コラム

顎矯正には手術が必要?費用や大人と子どもの治療の違いを解説|海岸歯科室|千葉県美浜区の歯医者

顎矯正には手術が必要?費用や大人と子どもの治療の違いを解説

受け口やしゃくれなどの症状に悩まされている方の中には、顎矯正治療が気になっている方も多いのではないでしょうか。顎矯正治療は顎の位置を正常に戻せるため、噛み合わせの不良や顎のズレなどを治せます。

この記事では、顎矯正治療の内容や治療のメリット・デメリットなどについて詳しく説明します。顎矯正の治療を受けるか悩んでいる人は、ぜひ最後までお読みください。

顎矯正とは顎変形症の治療

顎矯正は、顎変形症の治療法のことを指します。顎変形症とは、顎の骨が発育異常によって変形している状態のことです。上下の顎のどちらかが大きすぎることにより、かみ合わせが悪かったり、顎が左右どちらかにずれたりしている状態を指します。顎変形症は見た目が悪いだけでなく、程度によっては言葉が話しづらかったり、うまく食べ物を噛めないなど、生活に支障が出るケースもあります。

顎矯正は、この状態を改善するための治療法です。ここでは顎矯正治療についてや、歯科医院と美容外科での治療法の違いについて紹介します。

顎矯正とは

顎矯正とは、顎変形症の治療を指します。顎のズレや歯並びを治療することによって、見た目を改善するだけでなく、かみ合わせなどの改善も期待できます。顎のズレに悩まされている方や、上下の歯のかみ合わせが著しく悪い方は、治療で改善する可能性があるでしょう。

顎の骨のズレが少ない人は、矯正歯科治療だけでも治療できます。一方で顎のズレが大きい人は、矯正歯科だけで治療を完了させることが難しいです。その場合は矯正歯科に加え、外科手術を行います。骨を削って形を整えたり骨を動かしたりすることで、顎を正しい場所に戻していきます。矯正歯科と手術を両方行うことによって、顎の骨の形を土台から整え、かみ合わせや顔の形を改善することができるでしょう。

美容外科との違い

顎矯正は、歯科医院だけでなく美容外科でも受けられます。歯科医院と美容外科の治療で大きく違うのは、治療の目的と費用です。美容外科の治療目的は、見た目の改善です。かみ合わせや発音不良の改善を主な目的としているわけではなく、見た目のズレを治すことを目的としています。そのため、見た目が良くなったとしてもかみ合わせが改善せず、別途歯科医院での治療が必要となるケースもあるでしょう。

費用に関しても両者は異なります。歯科医院で治療を受ける場合、指定を受けた病院であれば健康保険が適応されます。一方美容外科で治療を受ける場合は、自費診療です。あくまで見た目を改善するための治療のため、保険が適応されません。歯科医院と美容外科では、治療費に数百万円差額が発生する可能性もあります。見た目だけでなく機能面も治療したい方や、保険適応の治療を受けたい方は、歯科医院での治療をおすすめします。

顎矯正治療が必要な状態とは

顎矯正は、上下の顎の大きさに差があり、歯並びが著しく悪い場合や噛み合わせが悪いときなどに行われます。以下のような症状に悩まされている方は、顎矯正治療を検討してみてください。

下顎が大きい

下顎が大きく、いわゆる受け口の状態です。下顎が前に出ているため、歯の噛み合わせが上下逆になっていることが特徴です。下顎が大きいと、顎が左右どちらかにずれることもあります。

下顎が小さい

下顎が小さく、後退していることにより、出っ歯が目立ったり、前歯が噛み合わなかったりします。下の歯並びが悪いことが多く、上の歯を下げる治療が行われます。

上顎が大きい

出っ歯や上下の歯が完全に重なる場合は、顎が大きいことが原因です。矯正治療だけでは難しいため、手術が必要になります

顔面非対称

顎が左右どちらかに曲がり、顔が非対称になっている状態です。上の歯と下の歯にもずれが生じるため、噛み合わせが悪くなります 重度の場合は口の開閉がまっすぐできないため、食事や会話に支障が出る可能性があります。

重度のガミースマイル

ガミースマイルは、笑ったときに歯茎が必要以上に見えてしまう症状です。重度の場合、笑わなくても歯茎が見えてしまいます。上の歯を動かしたり、上顎を手術で持ち上げることで解消を目指します。

大人と子どもの治療の違い

大人と子どもでは、治療内容が異なります。大人の顎矯正治療は、軽症であれば歯科矯正治療のみ、重症の場合は手術と歯科矯正を組み合わせて行います。一方子どもの顎矯正治療は、口内に顎を広げる装置を固定し、骨格を広げる治療を行います。手術を伴わないため、大人の治療よりも負担が少ないです。

子どもの場合は顎の骨が成長を終えていないため、歯科矯正のみで治療できます。上顎の成長は大体12歳までに終わるため、歯並びや顎のズレが気になる方は、遅くとも12歳までには治療を開始しましょう。治療を開始する時期は一人一人の発育によって異なります。気になる場合は一度歯科医院で相談してみてください。

顎矯正治療のメリット・デメリット

顎矯正を行うことで得られるメリットとデメリットを紹介します。

顎矯正治療のメリット

顎矯正の主なメリットは、以下の3つです。

  • 見た目が良くなる
  • 噛み合わせが良くなる
  • バランスが整い、頭痛や肩のコリなどが改善する可能性がある

骨格のズレを治せるため、顎が左右にずれている状態を正常な位置に戻し、見た目が自然になります。また、発音や噛み合わせに不具合がある人も改善ができるので、日常生活が過ごしやすくなるメリットがあるでしょう。

顎矯正治療のデメリット

顎矯正の主なデメリットは、以下の3つです。

  • 治療に数年かかる可能性がある
  • 費用がかかる
  • 手術後のダウンタイムが長い

顎矯正は、歯科矯正を行なった後に手術を行います。歯を動かしたり、術後に骨を固定させる期間があるため、治療開始から完治まで2〜3年かかるケースもあります。また、顎矯正は費用負担が大きい点もデメリットの1つです。特に美容外科での自費診療を受ける場合は、費用が数百万かかる可能性もあるため、費用の負担が大きい治療だといえます。

人によっては顎矯正治療後のダウンタイムが長いと感じる方もいるでしょう。手術後は痛みや腫れ、内出血などの症状が出る可能性があります。しばらくは口の開けづらさや痺れなどが残るケースもあり、手術後すぐに元通りの生活に戻るのは難しいでしょう。治療にかかる期間に納得した上で、顎矯正治療を開始してください。

顎矯正治療の流れ

矯正歯科と手術を組み合わせて治療を行う際の流れについて確認しましょう。顎矯正治療は、以下の3ステップで行います。

  • 術前矯正歯科
  • 顎矯正手術
  • 術後矯正治療

それぞれのステップで行う治療内容や期間について見ていきましょう。

治療前

まずは歯の位置を調整するために、矯正治療を行います。手術で顎の骨を正しい位置に動かした際に噛み合わせが合うように、抜歯や歯の移動が必要です。歯の位置がずれると今の顎の状態では噛み合わせが悪くなる可能性があります。矯正器具を付けて歯を動かすため、期間は1〜2年程度かかります。

顎矯正手術

矯正歯科治療が完了したら、顎矯正手術を行います。手術の数日前から入院し、術前検査や麻酔医師との問診が必要です。手術が完了したら傷の状態や体の回復を見て退院します。入院期間は、10日〜2週間程度必要です。

術後矯正治療

手術後は経過を見ながら歯の位置の微調整を行います。手術後に骨が新しい位置に馴染むまでには2ヶ月程度かかります。骨の位置を安定させるために、ワイヤーとゴムで固定することも必要です。

骨の位置が落ち着いたら噛み合わせの最終確認を行います。また、人によってはリハビリも必要です。噛み合わせや舌の位置が術前と変わるので、筋肉を動かす練習が必要になります。リハビリは月に1回程度の通院が約1年行います。

顎矯正手術にかかる費用

顎矯正手術に必要な費用は、保険適用の場合、歯科矯正手術に40〜100万円、顎矯正手術に25〜50万円程度かかります高額療養費制度の対象になるため、申請すれば治療費の一部が払い戻される可能性があります。申請する方は、加入している保険組合に確認してみてください。美容外科の場合は、治療費用はすべて自費です。矯正歯科に70〜100万程度、手術に150〜300万程度かかります。

顎矯正手術に関するよくある質問

ここでは、顎矯正治療に関してよくある質問3つについて回答します。

顎変形症は自力で治せる?

顎変形症は顎の大きさのバランスが崩れているため、自力で治すのは難しいです。自力で治そうと歯茎や歯を押したり、形の合わないマウスピースを入れたりすると、さらに状態が悪化する可能性があります。軽症の場合は歯科矯正だけで治療できる可能性もあるので、お悩みの方は歯科医院で相談してみてください。

顎変形症の原因は?

顎変形症の原因は、はっきりと明らかになっていませんが、遺伝や幼少期の指しゃぶりが原因との見解があります。小さいときには正常に見えても、思春期に顎が急成長し、症状が目立つ場合が多いです。

顎矯正治療で後悔する可能性ある?

顎矯正治療後は、術後のダウンタイムが辛かったり、治療終了までの期間が長かったりすることで、後悔する人もいるようです。顎矯正治療を後悔しないためには、技術力が高く、相談しやすい歯科医院を選びましょう。丁寧に対応してくれる医師であれば、治療にかかる期間や治療の手順なども細かく説明してくれるため、治療を始めてから後悔する可能性を減らせます。自分に合った医師や歯科医院を探してみてください。

まとめ

顎矯正治療は、顎変形症と呼ばれる症状の改善を目指す治療です。上下どちらかの顎が大きすぎたり、顎が左右どちらかに曲がっている方などが対象になります。症状が軽い場合は矯正歯科治療のみで対応できますが、歯並びが著しく悪かったり発音に影響があったりする場合は、外科手術が必要です。顎変形症の症状にお悩みの方は、どのような治療が必要か、一度歯科医院で相談してみると良いでしょう。

海岸歯科室では、歯並びが悪い方や発音不良に悩む方に向けて、インビザラインやマウスピース矯正などの治療を行なっています。出っ歯や受け口など、ご自身の症状にお悩みの方は、ぜひ一度診察にお越しください。

監修:理事長 森本 哲郎

PageTop